blog index

金子さん町を歩く ―ブログ

つくば市議会議員 金子かずおのブログです。
<< つくば市議会・代表質問&一般質問 | main | 広瀬隆つくば講演会に850名が参加 >>
東北地方太平洋沖大地震から1年が過ぎる
0
     東日本大震災から1年、34万人以上の避難者生活

    東北地方太平洋沖大地震から11日で一年、あの東日本大震災の被害で、今なお343935人が全国各地で避難生活を送り、116787人が仮設住宅で生活をしています。

    未だに行方の知れない人は3155人にのぼり、死者は15854人となっています。 

    福島県を中心に放射能汚染は広がり、復興計画の道のりは遠い状況であります。

     福島第一原発事故による除染で発生する汚染土壌の処分対策もままならない現状の中、福島県双葉郡の3町に除染で発生する汚染土壌を保管する中間貯蔵施設の建設提案が出されてきているが、地元では復興のグランドデザインを国が示してほしい、などの難色の声が上がっている。
     孤独死や災害関連死が増えてきている
     一方、東日本大震災の被災地で、誰にもみとられずに亡くなる孤独死が相次いでいると報告されています。今年の一月には、石巻市の仮設住宅では心筋梗塞で死後三日から四日と見られる57歳の男性が発見されている。同月に郡山市の仮設住宅でも心筋梗塞で73歳の男性が亡くなっている。

     岩手県、福島県、宮城県の3警察によると一人暮らしで仮設住宅に入居している人で、誰にもみとられずに死亡した人は22に上るとしています。このうち15人が65歳以上の人だという。

     阪神大震災では仮設住宅での孤独死が200人を超えたことの反省から、東日本大震災では仮設住宅の利用を地域ごとにまとまって入居できることにしていたが、入居時の仮設住宅全体での配慮が十分でない地域もあったようです。

    | kanekokazuo | - | 23:14 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ